[つつじヶ丘整体GUCCHY'S ご挨拶] of [つつじヶ丘整体 GUCCHY'S]

logo_visa.giflogo_mastercard.gifamex-logomark-img-01.gifjcb-logomark-img-01.gif


Topバナー3.png


京王線つつじヶ丘駅北口徒歩2分 「からだ作りの専門店」...開業10年つつじヶ丘整体へようこそ


📞042-482-1051(受付10時~ご予約優先)
営業:火曜~日曜/お休み:月曜・祝日

About_usバナー.png

健康寿命を長く保つことが意味するもの


その昔、かの織田信長は「人間五十年、下天のうちを比ぶれば・・・・」と、ひと舞いしてから今川軍との戦いに出陣したと言われていますが、現世の日本では、五十年なんて通過点。謳うなら、「人間八十年・・・」ですね。

医療の発達や食物の安定供給など、とりわけ戦後の日本は急速に発展しました。そして、そこに暮らす人々にとっての便利で豊かな環境が、その平均寿命をどんどんと延ばしました。
そんな、長生き出来て、幸せで豊かなはずの日本。
ですが、現在では様々な生活習慣病や不定愁訴に悩まされている人がたくさんいます。偏った食事による疾患の発症であったり、過度な労働による精神的・肉体的ストレスから引き起こされる様々な症状等、回避できるはずの健康問題にぶつかってしまっている人の多いこと。。

話を「寿命」に戻します。一般的に言う「寿命」とは、生まれてから死ぬまでの期間を言います。寝たきりになってしまっていても、生きている限りは寿命は続きます。その「寿命」に対し、「健康寿命」という言葉があります。これは、人が他者に頼らずに自立して生きている期間のことを指します。
自分の寿命が70年だったとして、もし健康寿命が60年であったなら...残りの10年が、介護される日々だったとしたなら。いよいよ人生全うの時、「人生を謳歌した!」と言い切れるでしょうか。不慮の事故や回避できない疾患等ではなく、自分自身の不摂生が原因して、折角の健康体の健康寿命を縮めてしまったのなら・・・断言は出来ませんが、恐らくきっと、ほとんどの人が納得いかないのだろうではないかと考えます。

つまり、いかにして、健康寿命を長く保てるか。

動ける身体で最後まで生きぬけたら、これ以上素晴らしいことはないと思うと同時に、いち日本国民としてそれを目指すことは、国が抱える医療費問題にとっても、とても大切である。と、私、関口は考えます。

精神的にも、肉体的にも健康体で、日頃から節制になるべく努めて、そしてなるべくスマートに生きる。無理をし過ぎずに。

身体をケアし、体調管理を行い、良いものを食べ、適度に運動をする。しっかり行なうと、お金も時間も労力もかかります。ですが、健康に何も関心を持たずに生活し、ゆくゆく何かしらの大きな病気を患ってしまったら・・・
辛い思いをし、治療のためのお金も時間も、もっとたくさん費やすことになるでしょう。そして、その後の人生は、様々な制限を課せられた中で過ごさなくてはならなくなるでしょう。これでは、100%の幸せ人生とは言えません。

回避できない事故や疾患は、これは仕方がありません。でもそれ以外の部分では、自身の健康をなるべく害すことの無いよう、少しずつでも日々の在り方に気をつけて過ごす努力をすること。
世の中に溢れる多くの情報から、自分の健康にとって有益なものをしっかり選んで生きていきたいものです。
肩こりも腰痛も頭痛も、その他様々な体調不良の症状も、自分の身体が発する「何かを改善してほしい・・・」というシグナルです。その原因を探り、対策を練り、環境改善を図ることで、身体は恒常性を取り戻せます。誰にでも治癒力は備わっているのです。
姿勢にしても、体型にしても、体質にしてもそれらを改善したい場合も同様です。身体の使い方、意識の持ち方、運動の仕方、食べ物の在り方など、改善を図れば身体は良い方向へと変化します。

死←病⇔半健康⇔健康⇔超健康→不老不死

慢性的な頭痛で仕事の業務に支障が出ていたり、メタボ検診で引っかかってしまったりというのは、上の「半健康」に位置する状態ですね。その先には、「病」が待っています。
健康寿命を長く保つには、「健康」~「超健康」のところに常に位置していたいわけです。

忙しい日々の暮らしの中で、ついつい後回しにしてしまう、身体に関わる何かしらの悩み。例えば、「病気ではないけれど、体調がいつもイマイチ・・・」「メタボ診断に引っかからないようになりたい・・・」「基礎代謝の高い身体になりたい・・・」など。意外とそういった方って多いと思います。

私のお店のコンセプトは、大げさに言ってしまうと、ご来店頂く皆様の「健康寿命の延命」のお手伝い。不調の原因を探したり、筋肉トレーニングのフォームをチェックしたり、食べ物の在り方を一緒に考えてみたり。
健康に関わることを様々な角度でアプローチしてみたいという思いで活動しています。

施術&運動&癒し&食&情報

不定愁訴の症状を改善したい方。
より「超健康」の身体に近づきたい方。
スマートになって、格好良くなりたい方。
健康トークを語りたい方。
一人だと怠けちゃう方...etc.


つつじヶ丘整体 GUCCHY'S で、一緒に健康一番人間になりましょう♪

IMG_8549.JPG




さて。


ここから下は・・・


店内に生息中の生き物をご紹介♬


↓↓↓

aqualliumgallery.png
店主関口の趣味のコーナー♪


水槽のお世話...

店内に2つの水槽を設置しています。
一つは、当店の癒し店長「フグ田プー太朗」さんのもの。受付カウンター横に置いてあります。この水槽は、プー太朗さんの生息域の環境に合せるため、汽水域の塩分濃度に調整しています。汽水域とは、河川の水と海水が混ざっている場所で、塩分濃度はおよそ海水の1/3程度です。飼育初期の頃は、ボーメ計で比重を計って汽水(薄い海水)を作っていましたが、現在は・・・水の量と、海水作製用の塩分量との割合を把握しているので、目分量だったりします。
もう一つの水槽は、カフェエリア内に設置しております。オカヤドカリさんの水槽です。だいたい一~二ヶ月に一回程度の頻度でそれぞれお掃除をしています。
フグ水槽の水替えは、半月に一回程度で1/3くらい変えます。蒸発で水が減るので、水足しはほぼ毎日しています。
そうそう、水槽掃除を始めると、あっという間に1時間以上経過しますね。
餌やりについて。プー太朗さんの餌は、冷凍シュリンプ(幼生のエビ)です。一日一回ブロック一個を給餌します。ヤドカリさんは、ポップコーンと水が餌です。数日に一回、ちょこっとだけポップコーンを与え、水は毎日水飲み場に足しています。
ざっとですが、こんな感じで飼育しています。


IMG_0750.JPG

当店の看板魚「ふぐ田プー太郎」店長。
この写真は、店長に就任してすぐの頃。

IMG_63542028129.jpg

2016年現在の店長。
歯が伸びて、いつも笑っているような表情に。。

IMG_6300.jpg

ヤドカリの飼育水槽。
寒い時期は閉じこもってばかりですが、暖かくなると脱走するほど活発に♬




たまに目を向ければ、ちょっとした癒しになりますよ!
ご来店頂きました際には、チラッとご覧になってみてください。。

TopFBバナー.png

Topバナー8.png.jpg.png

Topバナー12.png

Topバナー10.png.jpg.png

Topバナー11.png.jpg.png